お前ごときに

「お前ごときに」って言われることが非常に多いのですが、案外嬉しいこともありますよね。

自分ごとき大した人間ではないことはとっくに自覚しているのにも関わらず、必死になって「お前ごときに」と強い言葉を使うことでわからせようとしてくる。可愛げがありますよね。むしろ自分が思っているより自分は素晴らしい人間だと理解させてくれる言葉。普通に考えたら調子に乗るであろう良い状態、と相手からは見えるということですからね。

同様に、「たかがゲームごときに熱くなるなよ」ということは、その人の中では熱くなって、燃え上がって当然のことであるというわけか。意識して抑えなければ劣情が抑えきれないほどの事であると。

と考えると、ごときとかたかがとか使われてあんまりいい気がしないときって、まだ深くその対象が知れていないということなのかもしれません。色々、浅すぎたか。

人を呪わば穴二つ。魂を大地に還す前に、深く掘り下げるのが先かもしれませんね‥!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。