偶々

運も実力のうち‥とは言いますが、狙って偶然を引き当てることは可能でしょうか。

何かがある程度の確率で起き得ることを事前に知っていれば、そういった知識・経験を統計情報として活用したうえで繰り返し試行すれば、タイミングよく偶然に近い事象を起こすことは可能でしょう。では知らないこと、新しいことに取り組むときはどうするのか。

それは知らないことや新しいことに取り組むということ自体を一つの経験として、「よくあること」に変えてしまうこともできる。

しかし、人生は一本道、似た事象を繰り返すことはできても経験した事象自体を減らすことはできません。負の知識・経験は取り除けない。この先起き得る事象に、常に影響を及ぼし続ける。

‥と、回りくどく書きましたが、転職回数が多くなりすぎて後悔している、という話です。その時その瞬間では「これしかない」という決断だったのだけれど、お断り理由の大半がこれ。

この経験すらも、「よくあること」に変え、乗り越えていけるか。計算と努力と挑戦の継続により偶々を起こし、ホワイトホールの白い明日を目指せるか。

偶々打破の精神で、勝算はなくともまだ諦めませんよ‥!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。