微調整

このペースでいけば転職決まるより先に失業給付の貰い始めが先になりそう。とはいえ、情勢も急激に悪化する感じではなくなっていそうで、求人も割と普通の状態のまま‥?やっぱり6月くらいがねらい目と考えて準備しておくべきか‥。

資格の勉強もそれにあわせて微調整。英語は実力上がってないのに会場行くのも面倒だし、TOEICは1年後くらいに受けるかも。下ネタだけ学んでしまった‥。カードキーはお必要ですか‥?twenty-nine!アテンションプリーズかよ‥。肉でも食うか‥。

電験1次はあえて電力残しで2次に最善の準備で2回挑めるようにしようかと計画中。1次は1回一発で受かって見せたわけだし、そもそも3種の時点で3回受けたような人間なので無理に早く合格する必要もない‥。電力なら記述も計算もバランス良くあるので1次勉強がフルに活きるはずだし、実質2年連続2次試験の勉強のみという期間が作れるはず。それに加えて前回1次受験時は選択肢運が良かったというのもある‥(ギリギリではなかったけど)。

実質目標の下方修正なんだけど、勉強時間を減らすわけではないので、現実的にこのペースで行ける到達点が見えてきたかな、という感じ。先行き不安な世の中ですが、先立つものは必要‥。独立を考える実力も経験も度胸もないので独り立ちはできませんが、会社員として引き続き頑張っていきたい。

長期的に考えれば中国語か英語どちらか、又は両方は必要だろうし、電験を終わらせないことには資格の勉強というものにいつまでも縛られることになる。過ぎたるは及ばざるがごとしで、本来それに使う時間があるならもっと仕事関連の最新情報とか調べたりできるはずなんですよね‥。あまり資格を受験しない人と比べて、直近10年くらいで考えると4000~5000時間程度は損しているわけで。

というより、何かを成し遂げるには1万時間程度必要説を信じるなら、むしろ足りないのか‥?方向が間違っていたのではない‥足りなかったのは速さかッ‥!Popping the pin ! 羽ばたいて行きたいですね‥!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。