若干具体的な考察

一部の人にはとっくに僕の個人情報とかバレてるのですが、単にたまたま見に来た人とかに情報が駄々洩れにならないようにぼかした書き方をしてきました。しかしあまりにも誤解され続けるのも癪なので、今回は遠隔接触という言い回しではなく少し具体的な症状として記載してみます。

(1)相手の姿は見えません。目が見えないなどの状態になるわけでも、こちらが動けない状態になるわけでもありません。触感のみでその触感が発生する原因が認知できないとでも言っておきます。

(2)健康診断・人間ドックでは特に異常はありません。体調不良や寝不足、疲れなどによる影響でもないということ。

(3)相手はどうやら複数いるということ。触り方・いじり方が違うときがたまにある。たまにサービスのつもりなのか幻聴付きなので、その時は「いつもの人か‥」くらいに思います。

(4)加害に転じようと思えば可能。眼球圧迫、首絞め、脳姦みたいなことができてしまうということ。

(5)障害物関係なし。壁を越えている時点でそうではあるのですが、心臓に直接タッチされるなんてこともあり得る。ハートにタッチのつもりか‥。

(6)前職の退職勧告と連動して発生したため、大企業等が愛用しているいわゆる「辞めさせ屋」みたいな組織が運用している手段というのが濃厚。ただし一度この手段が「存在する」と開示したうえで僕が狂わなかったものだから、転職を終えた後も仕方なく継続しているのではないかと思われる。

(7)ブログを一度閉じた後はむしろ増えたため、こうして周囲に知らせる手段を持つことは自衛になり得る。このブログを閲覧する無関係な人が多少でもいる限り、ある程度の安全が保障される。

(8)現状実害はない。

(9)ただしポリネシアン的である。

(10)おねだりすればしてくれるとかじゃない。

もしこの現象の正体を知っていて、対処法がわかっている方がいればコメントなり連絡頂けると助かります。

少なくとも、別にこれを指して真実の愛などとほざいているわけではないことは明言しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。